« 2015年4月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月26日 (金)

PURE ROCK JAPAN LIVE 2015をレポート!

本誌でも活躍する音楽ライターの土屋京輔氏が主催するイヴェント“PURE ROCK JAPAN LIVE”。
99年に初めて開催されてから定期的に開催されてきたこのイヴェントが、5月31日にクラブチッタ川崎で行なわれました。
その模様をレポートします!

まずステージに現われたのはAKANE LIVさん率いるリヴ・ムーン。
01_livmoon
PURE ROCK JAPAN LIVEに初出演、そしてリヴ・ムーンとしても久しぶりのライヴとあって、開演前から注目を集めていたと思います。
実際のライヴでも、AKANEさんの伸びのあるハイ・トーンと楽器陣のテクニカルなプレイが、クラブチッタをシアトリカルな空間に染め上げてくれました。
そんな次々に繰り出されるシンフォニック・メタルに観客も好リアクションで応え、AKANEさんもMCでは興奮気味だったように感じます。
そんなLIV MOONですが、6月24日には新曲2曲を含む初のベスト盤『The Best of LIV MOON』がリリースされ、7月1日には渋谷TSUTAYA O-WESTでのレコ発ライヴも決定しています。

続いて登場したのは、こちらもPURE ROCK JAPAN LIVE初出演となった摩天楼オペラ。
02_matenrou
4月にシングル「ether」を発表し、全国ツアーを展開していた中での出演ということで、脂ののったステージを見せてくれました。
彼らもスタイルでいえばLIV MOONと同じくシンフォニック・メタルと称されることが多いですが、また異なる躍動感で会場をまとめあげたのです。
特に代表曲「喝采と激情のグロリア」では会場全体が歌声に包まれ、観客にも大きな印象を与えたのではないでしょうか?
なお、彼らは6月17日には全国ツアーのファイナルを赤坂ブリッツで行ない、7月から8月にかけてもイヴェント出演が決まっています。

3番手はガルネリウス。
03_galneryus
06年9月から09年5月、11年5月、13年5月に続いて、なんと今回で5回連続の出演です。
5月20日には、昨年11月に行なわれたデビュー10周年記念ツアーのファイナル公演を収めた映像作品を発表し、現在はショート・ツアーを展開中のガルネリウス。
このPURE ROCK JAPAN LIVEは、その前哨戦的なライヴに位置するものかと思われていました。
しかし、実際のステージは“前哨戦”という言葉には収まらない、熱くそして美しい構築美を伴ったもの。
アグレッシヴなステージングを伴いながらアンサンブルを決めまくる姿に、あらためてガルネリウスが支持され続ける理由を見いだせた一幕だったと感じます。

そして、ラストを飾ったのは今年デビュー30周年を迎えたアンセム!
04_anthem
アンセムも、このPURE ROCK JAPAN LIVEには初出演。
しかし、フタを開けてみればいい意味でいつもと変わらない“究極のアンセム”を見せつけてくれたのです。
攻めの楽曲を中心に新旧を織り交ぜたセット・リストの中、「IMMORTAL BIND」~「ONSLAUGHT」まで過熱気味のステージは、さすがという言葉だけでは片付けられないものでした。
7月25日には、同じクラブチッタ川崎で、アウトレイジ、一夜限りの復活を果たすダブル・ディーラーとサブラベルズとともに“HEADSTRONG FES.”を行なうアンセム。
こちらも必見です!!

「ONSLAUGHT」を終えたアンセムは、最後にガルネリウスのSHOさんとSyuさん、AKANE LIVさん、摩天楼オペラの苑さんをステージに呼び込み、ジューダス・プリーストの「THE HELLION」~「ELECTRIC EYE」をセッション!
05_session_vo
各ヴォーカリストの個性が出たところもよかったですが、アンセムの清水昭男さんとガルネリウスのSyuさんのツイン・ギターもかなりレアなシーンだったのではないでしょうか。
05_session_g

今回も出演者全員がそれぞれの熱いロックをぶつけ、その熱に全力で観客が応え大盛況に終わったPURE ROCK JAPAN LIVE 2015。
次回の開催を、今から心待ちにしたいと思います。

〈写真:野田雅之〉

■SET LIST■
〈リヴ・ムーン〉①死の舞踏②SAY GOODBYE③BLACK RUBY④霧の葬送曲⑤Kiss me Kill me⑥黄金の涙⑦アマラントスの翼⑧ESCAPE
〈摩天楼オペラ〉①GLORIA②蜘蛛の糸③RUSH!④Jolly Rogerに杯を⑤クロスカウンターを狙え⑥ether⑦喝采と激情のグロリア⑧天国の在る場所
〈ガルネリウス〉①BRAVING FLAG②METAL TRIGGER③THERE'S NO ESCAPE④POINT OF NO RETURN⑤ATTITUDE TO LIFE⑥CARRY ON⑦ENDLESS STORY
〈アンセム〉 ①VENOM STRIKE②BOUND TO BREAK③SHINE ON④STRANGER⑤PAIN⑥HUNTING TIME⑦HEADSTRONG⑧IMMORTAL BIND⑨ONSLAUGHT
〈セッション〉 ①THE HELLION~ELECTRIC EYE(ジューダス・プリースト)

2015年6月13日 (土)

WeROCK 047発売!

WeROCK最新号Vol. 047、6月14日発売です!

表紙はルナシー
Wr047

6月27日&28日に幕張メッセで行なわれる“LUNATIC FEST.”の大特集です。
SUGIZOのスペシャル・インタヴュー、そして出演全バンド紹介など、LUNATIC FEST.の完全攻略ガイドとなっております。

そして、デビュー30周年を迎えて活発な動きをみせるアンセム特集も掲載!
リリース・アイテムに関するインタヴューの他、7月25日にクラブチッタ川崎で行なわれる“HEADSTRONG FES.”に向けて、柴田直人 vs 下山武徳(サーベル・タイガー/ダブル・ディーラー)、森川之雄 vs 橋本直樹(アウトレイジ)という2本の対談もお届けします。

また、WeROCK 046から連載が始まった新企画“メタル女子”にはJULIA(クロス・ヴェイン)が登場!!
撮り下ろし写真とともに、違った側面からJULIAの魅力に迫ります。

付録DVDは、4月10日に渋谷TSUTAYA O-WESTで行なわれたメタル・イヴェントから6バンドの映像を収録。
そして、ゲストにはsebastian(ブル・ゼッケン88)を迎えて、VJのF チョッパーKOGA(ガチャリック・スピン)とともにロックなトークで、ミュージック・ビデオやライヴ映像を紹介します。

他にも、ツアー限定音源を発表するサッズをはじめ、ガチャリックスピン、メタリックスピン、セックス・マシンガンズなどのインタヴューも掲載!
また、ラウドネスの山下昌良のアンペグの新製品チェックなど、見どころ満載でお届けします。

ぜひ、お近くの書店・楽器店でチェックしてみてください。

詳しい内容については
http://rockinf.net
をご覧ください。

通販でのお買い求めは
http://xc527.eccart.jp/h975/item_search

« 2015年4月 | トップページ | 2015年7月 »