« グランド・スラム、17年9ヵ月ぶりのライヴ! | トップページ | 取材後記~柴田さんの試奏取材/アンセム情報 »

2015年2月18日 (水)

取材後記~浜田麻里さんの“破壊と再生”

WeROCK 045の目玉のひとつが浜田麻里さんのロング・インタヴューです。

Hamadamari2015
14年4月に東京国際フォーラムで行なったライヴを収めた映像作品を今年1月にリリースされたことに合わせて、いろいろ話を聞くことができました。

今回のインタヴューで、特に印象に残ったのは、“破壊と再生を繰り返してきた”という言葉です。
メタル・クイーンとしての地位を確立してからメジャーなテレビ展開を行なったこと、あるいは精力的なライヴ活動を突然休止したこと、そして再びライヴを再開しヘヴィ路線になったことなど、麻里さんの音楽人生が“破壊と再生を繰り返してきた”ことをあらためて感じました。
そして、麻里さんの核に揺るがない信念、歌にかける情熱があることがあらためて伝わってきたのです。

また、以前の編集部ブログでも記しましたが、もの静かで丁寧な言葉遣いから感じる信念や情熱、凛とした姿勢に、取材陣はいつも引き込まれてしまうのです。

気になる今後ですが、次作への制作に突入しているという麻里さん。
30周年を経て、『Legenda』以来となるオリジナル・アルバムはまさに待望の作品となります。
WeROCKでは、これからも麻里さんの活動を追い続けます!

さて、そのWeROCK 045ですが、WeROCK SHOP!では現在再入荷待ち状態で、入手希望のみなさまには申し訳ないばかりです。
次回再入荷の日程は未定ですが、再入荷の際にはWeROCK SHOP!の会員様にはメールでお知らせいたします。
もうしばらくお待ちください。
お求めは、全国の書店さん、楽器店さんなどでお願いします。

WeROCK 045の詳細については、
http://rockinf.net
をご覧ください。

« グランド・スラム、17年9ヵ月ぶりのライヴ! | トップページ | 取材後記~柴田さんの試奏取材/アンセム情報 »