« 取材後記~「子 ギャル」制作秘話 | トップページ | 取材後記~浜田麻里さんの“破壊と再生” »

2014年12月26日 (金)

グランド・スラム、17年9ヵ月ぶりのライヴ!

BAN PROJECT TREASURE
GRAND SLAM NIGHT
Gs_hiki02

11月9日=代々木ザーザズー

お待たせしました。1ヵ月以上前になりますが、WeROCKのツイッターでお知らせしていたグランド・スラムのライヴ・レポートをお届けします。

まず、グランド・スラムについて簡単に説明させてください。

結成は89年。加藤“JUNYA”純也(vo/リアクション)、白田“RUDEE”一秀(g/プレゼンス)、吉川“BAN”裕規(b/44マグナム)、豊川“TOYOKAWA”義弘(ds/メイクアップ)という、80年代のジャパニーズ・メタルの猛者達が集まったバンドです。
その後、ドラマーが幾度か交代するも、アメリカン・ハード・ロックをベースにしたサウンドで人気を博し、90年代のシーンを引っ張ってくれました。

現在、白田さんはダイダ・ライダなどで、吉川さん(BANさんと言ったほうが自然ですね)は44マグナムでそれぞれ活躍していますが、その白田さんとBANさんという2人のオリジナル・メンバーを中心に、11月9日に代々木ザーザズーで“GRAND SLAM NIGHT”と銘打ってライヴが行なわれました。
Gs_ban

Gs_rudee

サポートを務めたのは、当時もライヴやレコーディングを支えた本間大嗣(ds)と清水賢治(kb/ザ・ラヴロック・ヴァイオレント)、そしてヴォーカリストはSTEVIE(vo/44マグナム)、木村直樹(vo/ザ・ラヴロック・ヴァイオレント)。
さらにスペシャル・ゲストのkyo(vo/デランジェ)という布陣。
97年2月に渋谷公会堂で解散ライヴを行なってから、約17年9ヵ月ぶりのステージです。

会場の代々木ザーザズーはもちろん満員。
オープニングのSEとして当時も使われていた「RHYTHMIC NOISE」が響いた瞬間、場内は大歓声! そして、本編前半のヴォーカルを務めるSTEVIEらメンバーが定位置に付いて「HERE WE GO」へ。
ファンにとってはたまらないライヴの幕開けです。

その後も繰り広げられる代表曲の数々に涙を流しているファンの姿もあり、「KEEP ON DANCIN'」では当時のお約束だったファンとの掛け合いも行なわれたのですが、そのタイミングもバッチリ。
さすが、筋金入りのファンが集まっているだけのことはあります。
もちろん、メンバー間の呼吸もピッタリで、速弾きをキメる白田さん、コーラスでも楽曲を盛り上げるBANさん、そして大きなグルーヴでバンドを支える本間さんのドラムに「FARAWAY」などで印象的なフレーズを奏でる清水さんのキーボード。
聴き手を当時の思い出に浸らせつつ、現在のサウンドでグランド・スラムの楽曲達が次々と披露されていきます。

本編後半の「ONCE MORE KISS」からは、ヴォーカリストが直樹さんにチェンジ。
疾走曲の「DREAMS COME TRUE」、「COOKIES」もプレイされ、場内は何度目かわからないクライマックスを迎えました。
というか、どの曲もクライマックスという盛り上がりというのが正しいですね。
そのもようを見て、BANさんも終始笑顔だったのが印象的でした。

アンコールでは、“44マグナムのメンバーが2人いるからいいよね?”というSTEVIEのMCに続き、44マグナムの「I JUST CAN'T TAKE ANYMORE」がプレイされるという、うれしいサプライズが。
さらに、この日、渋谷クラブクアトロでライヴを行なっていたデランジェのkyoさんの到着を待つ間、キッスの「ROCK AND ROLL ALL NITE」のカヴァーも披露され、STEVIEとBANによるツイン・ヴォーカルというレアなシーンも観ることができました。
そして、いよいよスペシャル・ゲストのkyoさんがステージに登場!
Gs_kyo

BANさんのアコースティック・ギターもからめたバラード「TELL ME」、そして「I WANNA TOUCH YOU」の2曲で、デランジェでのステージの疲れを感じさせない熱い歌を聴かせてくれました。
2度目のアンコールは、3人のヴォーカリストを迎えての「WITHOUT DREAMS」!
これぞグランド・スラムの代表曲中の代表曲!!
ファンがもっとも望んでいた曲の中の1曲で、この特別な夜は幕を閉じました。

 MCでも語られていましたが、“GRAND SLAM NIGHT”について今後は未定。
ただ、前向きに考えている”とのこと。
次は、もう少し大きな会場で観たい! 白田さん、BANさん、ぜひお願いします!!

Gs_hiki01

■set list■
SE:RHYTHMIC NOISE
1. HERE WE GO
2. ARE YOU READY
3. I WANNA BE SOMEBODY
4. INTO THE NIGHT
5. LET IT GO
6. FARAWAY
7. DANCE DANCE DANCE
8. KEEP ON DANCIN'
9. ONCE MORE KISS
10. HEARTACHE
11. Shake! Shake!
12. DREAMS COME TRUE
13. COOKIES
14. NO! NO! NO!(SHOCK YOU)
〈encore 1〉
1. I JUST CAN'T TAKE ANYMORE
2. ROCK AND ROLL ALL NITE
3.TELL ME
4. I Wanna Touch You
〈ENCORE 2〉
1. WITHOUT DREAMS

« 取材後記~「子 ギャル」制作秘話 | トップページ | 取材後記~浜田麻里さんの“破壊と再生” »