« 2月14日発売、WeROCK 039情報解禁! | トップページ | ロックトロンから新歪み系ペダルが登場 »

2014年2月20日 (木)

WeROCK 039取材後記~浜田麻里

発売前から注目を集めていたWeROCK 039。
WeROCK SHOP!をはじめ、全国の書店でも売り切れ状態が多いとのことで申し訳ありません……。

さて、その大好評の理由のひとつが、約20年ぶりに本誌の表紙を飾ってくれた浜田麻里さんの特集でしょう!

Marihamada

麻里さんは、昨年デビュー30周年を飾り、さまざまな記念作の発表やライヴなど、このアニヴァーサリー・イヤーを近年以上に精力的な活動で飾っています。
そんな中、WeROCKではコンプリート・シングル・ボックスのリリースに合わせて、30年の歩みを辿るインタヴューを企画しました。

ただし、麻里さんが超多忙!
幣誌の進行スケジュール上、1月中旬には取材を行ないたいところだったのですが、3ヵ所の追加公演やその用意やリハーサルなどもあって、ギリギリの日程の中の取材となりました。
しかし、現場に現われた麻里さんは連日の過密日程の疲れを見せることなく、凛とした態度で取材に応えてくれたのです。

さて、取材のたびに感じることは、麻里さんのぶれない芯の太さと内に秘めた熱さです。
物静かな口調の中に、女性ロック・シンガーの先駆者として道を切り開いてきた苦労と、その苦労に裏打ちされた強さや自負を感じさせてくれます。
そんな麻里さんの魅力やストイックな人間性、そして内面からにじみ出る美しさが、写真やインタヴューからも伝わってくると思います。
そして、時間が限られていたこともあって、インタヴュー終了後に「曲についても、もっとお話ししたかったですね」と語っていた麻里さん。
もちろん、WeROCKでは今後も麻里さんの動向を追い続けます!

そんな麻里さんが表紙を飾るWeROCK 039ですが、WeROCK SHOP!では現在再入荷待ち状態で、入手希望のみなさまには申し訳ないばかりです。
次回再入荷の日程は未定ですが、再入荷の際にはWeROCK SHOP!の会員様にはメールでお知らせいたします。
もうしばらくお待ちください。

« 2月14日発売、WeROCK 039情報解禁! | トップページ | ロックトロンから新歪み系ペダルが登場 »